日本アンドロロジー学会学術奨励賞の運用細則

第1条 「主旨」
アンドロロジーに係わる基礎研究および臨床研究の領域において卓越した学術功績をなした本学会の会員に対して、日本アンドロロジー学会学術奨励賞(以下、本賞とする)を贈呈する。

第2条 「内容」
本賞は以下の内容から成る。
(1)表彰状
(2)副賞: 1名当り10万円

第3条 「対象」
本学会評議員より推薦された本学会正会員であり、応募時45歳以下の者とする。応募前年の1月〜12月の間、学術雑誌に掲載(掲載予定を含む)された原著論文の筆頭筆者を候補者とする。
(補足) 「掲載予定を含む」とは、掲載が次年度になっても問題ないが、応募は一回に限りとする。また、過去に本賞を受賞したものは応募できない。

第4条 「選考方法」
本賞の選考に際して、本学会内に理事長を委員長とし学術委員を委員とする選考委員会を設置し、当該選考委員が定める基準により本賞を選考する。なお、本賞は、第3条に定める候補者を対象とし、基礎研究および臨床研究の各領域1名を原則として選出する。

第5条 「公表」
前条に定める選考委員会の委員長を通じて、本賞の選考結果を本学会の理事会および評議委員会に報告し、それぞれの承認を得た上で、本学会の総会にて当該選考結果を報告、公表し、本賞者を表彰する。

第6条 「発足」
本賞の選考および表彰については、平成17年度より毎年1回実施するものとする。

第7条 「名称の変更」
オルガノン・アンドロロジー学術奨励賞を平成21年4月1日より、日本アンドロロジー学会学術奨励賞と名称を変更する。

(附則)
本運営細則は平成17年1月1日より適用される。
本改正細則は平成21年7月2日より実施する。
本改正細則は平成25年7月25日より実施する。

今年度受賞者

平成29年度
基礎部門 大日方 大亮 (日本大学医学部泌尿器科学系 泌尿器科学分野)
論文名:Targeting Oct1 genomic function inhibits androgen receptor signaling and castration-resistant prostate cancer growth.
Oncogene. 8;35(49):6350-6358,2016
基礎部門 XU MINHUI (千葉大学大学院医学研究院 泌尿器科学)
論文名:Up-Regulation of LAT1 during Antiandrogen Therapy Contributes to Progression in Prostate Cancer Cells.
J Urol. ;195(5):1588-97,2016
臨床部門 藤田 和利 (大阪大学大学院医学系研究科 器官制御外科学講座 (泌尿器科学))
論文名:Decreased fucosylated PSA as a urinary marker for high Gleason score prostate cancer.
Oncotarget. 30;7(35):56643-56649,2016
 

過去の受賞者

平成28年度
基礎部門 惠谷 俊紀 (名古屋市立大学大学院医学研究科 腎・泌尿器科学分野)
論文名:SNCL1, a highly selective lysine-specific demethylase 1 inhibitor, suppresses prostate cancer without adverse effect.
Oncotarget,2015;6(5):2865-78,
基礎部門 堤 陽子 (福岡大学医学部 内分泌・糖尿病内科)
論文名:Combined Treatment with Exendin-4 and Metformin Attenuates Prostate Cancer Growth.
PloS One,2015;10(10):e0139709,
臨床部門 鈴木 啓介 (獨協医科大学越谷病院 泌尿器科)
論文名:Spermatogenesis in tumor-bearing testes in germ cell testicular cancer patients.
Hum Reprod,2015;30(12):2853-8,
 
平成27年度
基礎部門 鈴木 堅太郎  和歌山県立医科大学
論文名:Sexually dimorphic expression of Mafb regulates masculinization of the embryonic urethral formation.
Proc Nat1 Acad Sci USA 111: 16407-16412, 2014
臨床部門 飯島 将司 金沢大学 泌尿器科
論文名:New molecuar diagnostic kit to assess Y-chromosome deletions in the Japanese population.
International Journal of Urology 21: 910-916, 2014
 
平成26年度
基礎部門 高山 賢一  東京大学医学部附属病院 老年病科
論文名:Androgen-responsive long noncoding RNA CTBP1-AS promotes prostate cancer     
The EMBO journal, 32: 1665-1680, 2013
臨床部門 新井 誠二 群馬大学医学部附属病院 泌尿器科
論文名:Development of prostate cancer in a patient with primary hypogonadism: intratumoural steroidogenesis in prostate cancer tissues                  
Andrology, 1:169-174, 2013
 
平成25年度
基礎部門 大田 秀隆  東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座
論文名:Testosterone deficiency accelerates neuronal and vascular aging of SAMP8 mice: protective role of eNOS and SIRT1                           
PLoS One.7 (1):e29598, 2012
基礎部門 布施 美樹 獨協医科大学排泄機能センター
論文名:Tumor suppressive microRNAs (miR-222 and miR-31)regulate molecular pathways based on microRNA expression signature in prostate cancer
Journal of human genetics 26 :57(11):691-699, 2012
 
平成24年度
基礎部門 村嶋 亜紀 和歌山県立医科大学 先端医学研究所遺伝子制御学研究部
論文名:Essential Roles of Androgen Signaling in Wolffian Duct Stabilization and Epididymal Cell Differentiation                                
Endocrinology 152(4):1640-1651,2011
臨床部門 岩月 正一郎 名古屋市立大学大学院医学研究科 腎・泌尿器科学分野
論文名:Endocrine Assessment of Prepubertal Boys With a History of Cryptorchidism and/or Hypospadias: A Pilot Study
The Journal of Urology 185:2444-2450,2011
 
平成23年度
基礎部門 藤原 祥高 大阪大学微生物病研究所生体応答遺伝子解析センター
論文名:Sperm equatorial segment protein 1,SPESP1,is required for fully fertile sperm in mouse
Journal of Cell Science 123(9):1531-1536,2010
臨床部門 重原 一慶 金沢大学大学院医学系研究科 集学的治療学(泌尿器科学)
論文名:Androgen replacement therapy contributes to improving lower urinary tract symptoms in patients with hypogonadism and benign prostate hypertrophy:a randomised controlled study
The Aging Male 14(1):53-58,2011
 
平成22年度
基礎部門 若山 友彦(金沢大学医薬保健研究域医学系・組織発達構築学)
論文題目:Expression,Localization,and Binding Activity of the Ezrin/Radixin/Moesin Proteins in the Mouse Testis
Journal of Histochemistry & Cytochemistry (57:351-362,2009)
臨床部門 杉本 和宏(金沢大学大学院医学系研究科・集学的治療学(泌尿器科学))
論文題目:Tissue-specific differentially methylated regions of the human VASA gene are potentially associated with maturation arrest phenotype in the testis
Journal of Human Genetics (54:450-456,2009)
 
 
平成21年度
基礎部門 宮川 信一(熊本大学 発生医学研究所)
論文題目:Genetic Interactions of the Androgen and Wnt/β-Catenin Pathways for the Masculinization of External Genitalia                                
【外生殖器雄性化過程におけるアンドロゲンとWnt/β-cateninシグナルの遺伝的相互作用の解析】
Molecular Endocrinology 2009
 
基礎部門 松岡 庸洋(大阪大学大学院医学系研究科 器官制御外科学(泌尿器科))
論文題目:Isolation and Characterization of the Spermatid-Specific Smrp1 Gene Encoding a Novel Manchette Protein
【新規マンシェット蛋白をコードする精子細胞特異的遺伝子Smrp1の単離と解析】
Molecular Reproduction and Development 75:967-975 2008
 
 
平成20年度
基礎部門 若山 友彦(金沢大学大学院医学系研究科・組織発達構築学)
論文題目:Heterophilic Binding of the Adhesion Molecules Poliovirus Receptor and Immunoglobulin Superfamily 4A in the Interaction between Mouse Spermatogenic and Sertoli Cells
【マウスの造精細胞とセルトリ細胞間の相互作用における細胞接着分子ポリオウィルス受容体と免疫グロブリンスーパーファミリー4Aの異種分子間結合】
Biology of Reproduction 76:1081-1090, 2007
 
臨床部門 白石 晃司(厚南セントヒル病院 泌尿器科)
論文題目:Effects of 4-hydroxy-2-nonenal,a marker of oxidative stress, on spermatogenesis and expression of p53 protein in male infertility
【男性不妊症における酸化ストレスマーカーである4-hydroxy-2-nonenalの造精機能に及ぼす影響】
Journal of Urology 178:1012-1017, 2007
 
 
平成19年度
基礎部門 水野 健太郎(名古屋市立大学大学院医学系研究科 腎・泌尿器科学分野)
論文題目:Genes Associated With the Formation of Germ Cells From Embryonic Stem Cells in Cultures Containing Different Glucose Concentrations                    
【ES細胞を用いた生殖細胞形成に関わる遺伝子群の同定】
Molecular Reproduction and Development 73:437-445, 2006
 
臨床部門 辻村 晃(大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科))
論文題目:Brain processing of audiovisual sexual stimuli inducing penile erection:A positron emission tomography study.
【陰茎勃起を誘発する視聴覚性的刺激に対する中枢反応:PET研究】
The Journal of Urology 176:679-683, 2006
 
 
平成18年度
基礎部門 井上 直和(大阪大学微生物病研究所附属遺伝情報実験センター)
論文題目:The immunoglobulin superfamily protein Izumo is required for sperm to fuse with eggs
【精子が卵子と融合するには免疫グロブリンス−パーファミリータンパク質であるlzumoが必要である】
Nature,434,234-238,2005
 
臨床部門 新保 正貴(国保旭中央病院泌尿器科)
論文題目:CAG Polymorphic Repeat Length in Androgen Receptor Gene Combined with Pretreatment Serum Testosterone Level as Prognostic Factor in Patients with Metastatic Prostate Cancer
【アンドロゲン受容体遺伝子CAG多型および治療前血清テストステロン値の組み合わせが、転移性前立腺癌患者において予後因子となる】
European Urology,Voleme47, 557-563,2005
 
 
平成17年度
基礎部門 田中 宏光(大阪大学微生物病研究所)
論文題目:Mice Deficient in the Axonemal Protein Tektin-t Exhibit Male Infertility and Immotile-Cilium Syndrome Due to Impaired Inner Arm Dynein Function          
【軸系蛋白質Tektin-tの欠損はインナー・ダイニン・アーム機能を傷害し雄性不妊と繊毛運動不全症候群を引き起こす】
Moleculer and Cellular Biology Vol.24 Page7958-7964,2004
 
臨床部門 坂本 英雄(昭和大学医学部泌尿器科学教室)
論文題目:Anatomic variations of the cavernous arteries and their effect on measurement of hemodynamic parameters: A power Doppler study
【陰茎海綿体動脈の解剖学的変異と解剖学的変異が海綿体動脈の血流動態パラメーター測定に与える影響について−パワードプラ法による検討】
Urology 63 539-544,2004
 

 

↑ページトップへ